じっくりコトコト湖都がゆく!

大好きなビーズのこと、日々の何気ない話、たまにはグチだっていいよね?そんな人間が綴るちょっぴりユルい(笑)ブログです♪ちなみにタイトルは某ゲーム内でのチャットのひとコマからもじったものです^^
TOPスポンサー広告 ≫ 出してはならなかった感情TOP信On日記 ≫ 出してはならなかった感情

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

出してはならなかった感情

あい、湖都です。

今日はとても長い昔話も語ります。見たい人だけ続きをご覧下さいませ^^;

来月で信On歴もまる2年となります。
争覇の章実装時に友人から誘われ始めるも、所作とチャットのいろはだけおそわった頃に友人プチ引退w
その頃は回復に水が必要だなんて事も分からないカス薬師でした^^;
結局そのままわけが分からずにLv24で引退…

2010年8月、新星の章に変わった事を知り、また始めてみようと思い、湖都を作成。
それこそ最初から手探り状態で始めていました。
里でウロウロしていた時に声を掛けられ、斉藤家の一門さんに入れていただくも、その知人さんもリアル多忙の為か、はたまた別の理由があってかは分かりませんが引退状態となりアウェイ状態に…。
一門会話に参加しては居るものの、能力の歴然とした違いもあり、かと言って強くなりたいという理由のために手を煩わせるのもイヤで、なかなか言い出せずにいました。
そのうちいつの間にか他のゲームやリアル都合で引退された方もチラホラ見かけるようになりどんどん過疎化していく一門会話…。
その頃には湖都のLvも60となりましたが、その時に(やっと)気付いた覚醒と潜在能力の存在…。
そして一門の方が教えてくださった、神秘石と宝玉の存在…。
「分からないことは聞けば良かったのに^^;」
当時よく言われた言葉です。
ただその当時の水城さんは何が分からないのかが分からない状態でした(笑)
何もかも教えていただくものが新鮮でしたねー

2011年10月、本願寺を拠点とする一門さんへ入門の扉を叩く。
斉藤の一門さんに不満があったワケではありません。むしろ中にいる方々はとってもいい方々でした。
勝手に私が自分の居場所がないと思い込んで、半ば逃げるように一門を飛び出したのです。
そして本願寺の一門さんに入れていただき、とても楽しい日々を過ごさせていただきました。
ただ生産メインの一門さんだった事もあり、ほぼ1から状態ですべての生産目録を極める…(僧)並大抵の努力では出来ないと、きっと誰しもが思ってくださると思います。
けれど、居場所をなくすのが怖かった私は、生産、狩り、評定…とすべてをこなすことに必死でした。
気付いた時にはリアルの趣味に手を付けられず、心身ともに参り始めていたのです。
その頃には結局は効率を重視しているような不信感を抱き(←私が勝手にですが)、2012年3月、本願寺の一門を脱退。
それからしばらくの間は無所属→自キャラのみで一門を作成…、狩りは出来ないのでptのみでプレイする日々でした。

2012年5月22日
斉藤家の一門さん(以前とは別の)に知人様のご紹介で入れていただく。
ただ知人様もリアルのご都合でこの後引退状態になり、私は何か変な電波をゆんゆんと発しているのだろうか…とちと凹みました(笑)
同時期に別のキャラで知人あっきーさんの一門にも入れていただく運びとなりました。

ただそこから本日に至るまでの間にここでは語れない事も色々ございまして、心のどこかでその感情がくすぶっていたのだと思います。
焦っていたのであろう私は一門でどこか攻略いきたいー!とあっきーさんの一門で駄々をこねたのです。
どこか行きたいとは言っても、その行きたいと言っている当人が一番みそっかすなのにねー^^;
あっきーさんはあっきーさんでちゃんと考えていてくれているのに…それに気付かずにいたんです、私。
そして一門の他の方々と道満の攻略の記事を見てその感情が爆発…
そうその感情とは「孤独」だったんです。

常に感じていた孤独感が、この時に爆発してしまいました…。
上覧で他の一門さんを応援していた最中、筆頭あっきーさんにその感情をぶつけてしまいました。それはもう子供のように幼稚な感情で…。
言ってしまった後はもう後悔の連続で…。
上覧の見学も途中で切り上げ、逃げるようにログアウト…。
堪えきれずにぶつけた感情を抱いた自分と、冷静にその感情をぶつけた自分をなじる自分…色々な感情がごちゃごちゃになって…。
出してはいけない感情だったんです、ずっと抑え込むべき感情だった。
じゃないと誰かを傷つける、困らせてしまう感情だったから…

それなのに…それなのに…と一晩泣き明かし、朝、筆頭からのメッセージを見つけてまた泣いて…。
ごめんなさいと、ありがとう。何万回この言葉を言えばいいだろうってくらい心が洗われました。

この場で宣言します。
あっきーさんありがとう、そしてあの時は本当にごめんなさい。

mixi友達のIさんへ
見ていらっしゃるかはわかりませんが、一門に誘っていただいてありがとうございます。
やっと楽しく過ごせる一門を見つける事が出来ました。
来月いっぱいを目処にして、一門を脱退させていただきます。
ごめんなさい、そして本当にありがとうございました。
一門のみなさま、そして筆頭さんにも、折を見てお話しさせていただこうと思っています。

9月、水城は新しい家紋を背負って旅立ちます!
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング参加(信On)
読んでやるからさっさと記事書け!と思ったらポチッと押してください^^;
今日作ったものランキングバナー
ヒマだから見てやるよ!そんな貴方はここもクリック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。