じっくりコトコト湖都がゆく!

大好きなビーズのこと、日々の何気ない話、たまにはグチだっていいよね?そんな人間が綴るちょっぴりユルい(笑)ブログです♪ちなみにタイトルは某ゲーム内でのチャットのひとコマからもじったものです^^
TOPスポンサー広告 ≫ 完成、そして次は…?TOPビーズ(クロッシェ) ≫ 完成、そして次は…?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

完成、そして次は…?

あい、湖都です。

地味に忙しいお仕事と、強烈なキャラの持ち主である会社の困った人のおかげで日々疲弊を蓄積しておりますw
そんな中、それでも手芸をやる私^^;

以前記事に書いたかごバッグなんとか出来上がりました~^^

DSC_0025.jpg

そして、今度はコレ。

実は以前にも作ってはいたのですが、通し間違いを見つけてまた最初から…><
先ほどやっと(ほぼ)出来上がりました。
あとは糸始末を残すのみ。

こちら「鳥と漫画とビーズなオタク」のfokameさんのキットです。
ビーズクロッシェでボールを編むキットです。
中にプラスチック製の鈴が入っていて、チリチリと可愛い音がするんですよ^^

Fokameさんのキットで初めてオヤ糸に出逢いました。
イスラム教を信仰するトルコでは、女性たちは頭髪を覆い隠すためにスカーフを被る習慣があるそうです。その縁には花や果物をかたどった繊細なモチーフが施されており、その縁飾りを総称してオヤ(OYA)とトルコ語で言うんですって。
オヤは製作する際に使う道具によって名称が異なり、トルコ語でレース針を意味するトゥーオヤ、縫い針を意味するイーネオヤ、タティングレースのシャトルを使うメキッキオヤ、Uピンを用いるフィルケテオヤとビーズを編み込むボンジュクオヤなど様々あります。
(日本OYA協会の説明より抜粋しています)

だからこのビーズボールはボンジュクオヤになりますね。

今回初めてオヤ糸に出逢ったのですが、ポリエステル系の糸に慣れていた私にとってオヤ糸のナイロン糸は初めての手触り、率直に最初の感想は「編みずれぇ…」でした(笑)
しかも、よくビーズクロッシェで使っていたのは0号とか2号の太いレース針ばかり。8号までは使ったことはあったのですが、10号針の細さは道の領域でした。

まず最初はオヤ糸のすべりに慣れ始めました。糸も滑る、ビーズも滑る、ちょっとした力加減で編み目がするするとほどける…こんな状態が続いていて、最初は「ムキー!!」だったのですが、だんだんと慣れてきました。
一度慣れてしまえば、もともと編み物はそこそこ出来る方なので、こんな風に編み目もそろい…。

じゃん、
こんな風に出来上がりました。
純和風の矢羽根の模様がステキですよね♪
DSC_0031.jpg


さーて次は何を作ろうかな。
何かを作っている時が、やっぱり幸せだと思う今日この頃なのです。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
ランキング参加(信On)
読んでやるからさっさと記事書け!と思ったらポチッと押してください^^;
今日作ったものランキングバナー
ヒマだから見てやるよ!そんな貴方はここもクリック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。